MENU
LIFE CYCLE MANAGEMENT

ライフサイクルマネジメントLIFE CYCLE MANAGEMENT

お客様が「施設資産マネジメント」の時代へ

JMが次に目指すものは最新技術を駆使し、
設備の点検、設計、見積などをとてもシンプルにすることです。
これにより、お客様が施設資産マネジメントの主体となる時代を目指します。

JMがつくる「これから」の
新しいライフサイクルマネジメント

JMでは協力企業ともに、VR、AR、IoT、AIといった技術の導入をはじめています。
これにより、次の新しいライフサイクルマネジメントを提案します。

主な導入技術

  • VR
  • MR
  • AR
  • IoT
  • AI

技術パートナー

新しいライフサイクル
マネジメントの概要

計画 / デザイン

お客様ご自身でリアルタイムに内装変更ができるようになります。

スマホで撮影した空間をVRにて再現お客様自身がVRで内装を変更可能に

設計 / 数量把握

施工に必要な資材や数量が明確に分かり、発注が楽になります。

VR上で作成したデータがあれば必要な資材や数量が分かり、お客様自身で発注が可能

施工

施工と進捗管理をよりシンプルに把握できるようになります。

施工
VRで実際の現場を見て施工作業をイメージして取り掛かる
配送納品
VRでお客様自身がどのくらい施工が進捗しているかを実際の現場をみながら確認

保守メンテナンス

遠隔で施設の状態が分かるシステムを構築します。

各種システム(IoT)での遠隔監視によりどこに居ても施設の状態がわかる