EV・PHV用 急速充電器設置のご案内

平成26年補正「充電インフラ補助事業」申請受付は終了しました。

電気自動車 プラグインハイブリッド自動車 急速充電器設置のご案内 EV充電用コンセント工事の経験豊富な(株)JMが設置・輸送を高品質で行います。 終了

JMは低炭素社会の実現のために急速充電器(QC:Quick Charger)の普及に取り組みます。

経済産業省は、次世代自動車戦略2010において、2020年までに電気自動車(EV)
・プラグインハイブリッド自動車(PHV)の普通充電器を200万基、急速充電器(QC)を5000基設置する目標を掲げてきました。その後、経済産業省は、充電設備の普及を更に促進させるため普通充電器7万基、QC3万基の新設を目指した補助制度 平成24年度補正予算「次世代自動車インフラ整備促進事業」をスタートさせました。JMは全国で2010年よりEV充電用のコンセント工事、2011年よりQCの設置を日産自動車株式会社と共に取り組んできました。今後更に全国各地の電気工事士との連携を強化し、QCの普及に努めていきます。

EV・PHV タウン

パンフレットのダウンロードはこちら

設置工事依頼書(PDF版) 設置工事依頼書(エクセル版)
※依頼書をブラウザで開くと正常に表示されない場合がございます。
お手数ですがダウンロードしてからのご記入をお願い致します。


ページ上部へ