EV・PHV用 急速充電器設置のご案内

平成26年補正「充電インフラ補助事業」申請受付は終了しました。

QC設置のながれ

調査・計画・申請業務 ご依頼 専用依頼書でご依頼頂きます。ご依頼後に、JM 担当者から現地調査の日程調整と、
お客さまより事前に提供いただきたい資料などをご連絡します。
現地調査 お客さま立会いの下、現地調査を行い、設置機器・設置場所・配線ルート・電力方式等を決定します。
レイアウト検討 レイアウト案の他、参考見積額及び補助金見込額をご提示します。
計画・申請・施工計画 計画図書を整備し電力申請等の各種申請を行います。
お客さまと施工工程・方法を調整し、決定します。
補助金申請業務 補助金申請 終了
施工業務 工事契約 審査機関から補助金交付決定通知を受領後、工事契約を締結します。
設置工事・試運転・検査 工事契約に基づき、設置工事を行います。
設置工事完了後お客さまの立ち合いの下、試運転・検査を行います。
請求・支払 検査後、請求書を提出しますのでお支払をお願いします。
※実績報告書類には設置工事に伴う費用の支払証明(領収書)が必要です。
補助金申請業務 2 補助金完了報告 終了
補助金額決定通知・振込 終了
アフターサービス 品質保証 工事の品質保証期間は1年間です。
お客さま(補助金の交付を受けた申請者)は原則8年間、充電設備の保有管理を行う必要があります。
設置情報 設置情報(図面・見積・工事写真など)をJM 独自のデータベースに保管し、お客さまのお求めに応じていつでも提供いたします。

※写真および画像はすべてイメージです。

ページ上部へ